新着ニュース

平成25年度警備等総合訓練実施

  1. [2014/02/13]
ボートレースとこなめでは、1月30日(水)レース開催時に気象予想を上回る強風が発生し「レース中止」を余儀なくされた場合を想定した警備訓練および場内食堂で火災が発生した場合の避難訓練を実施した。

暴動に対処する訓練では、職員が客に扮しガードマンに詰め寄るなど、皆が真剣に取り組んでいた。「レース中止」が大きな紛争事案に発展しないよう、関係者の的確な初動措置、情報伝達及び指揮命令が速やかに実施されなければならないため、執行本部からの命令や伝達の適正な指示、報告等情報伝達の確認も行った。

また、初期消火訓練では、市消防署員から消火器の操作方法の指導を受けた後、実際に消火器を使った訓練を行った。

この日の訓練には市競艇事業部・競走会常滑支部の職員、従事員をはじめ警備員、ガードマン、予想協力会等約300名が参加した。

ページトップへ