新着ニュース

登番4155長野壮志郎選手。とこなめ青海特別で初優勝!

  1. [2007/07/23]
7月22日(日)とこなめ競艇「青海特別」の優勝戦、登番4155の長野壮志郎選手は、1周バックでは地元の吉田徳夫選手に先行を許したものの、2マーク混戦の中、差しを決め、初優勝を達成しました。

レース後、とこなめ競艇から地元名産とこなめ焼の記念品を贈呈し祝福、仲間からは水神祭の手荒くも暖かい祝福を受けました。

長野選手は、福岡支部所属の26歳。2002年5月11日にデビューし、同年5月28日からの福岡競艇一般競走で初1着を奪取しています。その後も着実に力をつけ、今期から初のA1昇格を果たしました。

長野選手、初優勝おめでとう!今後、ますますご活躍されることを期待しています。

ページトップへ