レース情報

水面攻略

  1. HOME
  2. 施設情報
  3. 水面攻略

 
風  
入着率  
決まり手  
 
このコーナーでは、日々熱い戦いを繰り広げる選手達の「走り」に大きく影響するボートレースとこなめの特性を調査した結果をまとめてみた。

   ボートレースを予想する上で重要な要素に、選手の実力やモーターの出来具合をあげるファンは多いだろう。しかし、ボートレースは水上の格闘技である事を忘れてはいけない。水面の変化が選手の走りに大きく影響するのだ。
 そう、選手は常に他の選手はもちろん、風や波といった自然とも戦っているのだ。ボートレースで最も重要なポイントとなるスタート、そしてスタートから第1ターンマークにかけての攻防とターン、ボートレースの勝敗の大半はここで決まる。だから選手はここを如何に速く攻めるかに全神経を集中するのだが、この時に「自然」が選手に与える影響は計り知れない。
レース情報に風向や風速、波高が表示されるのもそのためだ。

 具体的に説明すると、スタートラインに対して向い風の場合、アウトが有利とされている。なぜなら、コース取りをしたあとのスタート体系を見ると、インはスタートラインに近い位置からダッシュをつけ、アウトはスタートラインから離れた地点からダッシュをつけてスタートする(進入固定戦以外)。
 この時向い風だと、ダッシュの短いインはアウトに比べスタートラインから1マークにかけて加速が伸びず、長いダッシュをするアウト勢にスピード負けするのだ。
 また、ターンした後は逆に追い風になるため、スピードに乗ったターンをしたアウト勢はさらにスピードを加速できインを沈めることができるというわけである。
 スター トラインに対して追い風の時はその逆となり、インは短い距離で加速できるし、1マークではスピードに乗ったアウト勢は風に押し出される格好でターンが膨らみ気味になる。その結果インが有利となるわけだ。


 
風  
入着率  
決まり手  
 


 ではボートレースとこなめの風についてはどうだろうか?ボートレースとこなめはすぐ西側が伊勢湾になっており、季節を問わず比較的強い風が吹く。
  風の傾向としては、夏は午後にもなると海側(西)から風が吹き始める。これはスタートラインに対して向い風だ。冬は北西の季節風が海を渡って吹き付ける。これもややスタンド方向からの向い風となる。地形条件からいっても1年を通して向い風が吹きやすいボートレース場なのだ。
 
ボートレースとこなめでのレースの予想には、この風はとても重要なアイテムだ。
このあたりを予想に取り入れれば必勝間違いなし…かな。

 ボートレースとこなめ競走水面データ集


 
  コース別
入着率表
2015年04月01日~
2016年03月31日
 
 

 
風  
入着率  
決まり手  
 
進入
コース
入着比率%
1着 2着 3着 4着 5着 6着
1 49.5 19.4 9.6 8.2 7.5 5.2
2 15.8 22.3 16.8 16.5 15.8 12.4
3 13.6 21.0 19.4 17.5 14.5 13.3
4 12.7 17.5 20.1 19 17.4 12.5
5 6.3 13.5 19.2 20.4 20.6 18.9
6 2.5 6.8 15.2 18.5 23.6 32.2
 
  決まり手別
出現率表
2015年04月01日~
2016年03月31日
 
 

 
風  
入着率  
決まり手  
 
進入
コース
決まり手
まくり 逃げ 差し 抜き 恵まれ つけ
まい
まくり
差し
合計
1 0 1128 0 73 2 0 0 1203
2 107 0 242 28 10 0 0 387
3 107 0 52 28 3 0 143 333
4 131 0 53 33 7 0 87 311
5 27 0 11 16 3 0 97 154
6 13 0 8 9 2 0 28 60
合計 385 1128 366 187 27 0 355 2448

ページトップへ